ジョブパークで利用されている用語をまとめたページじゃ。わからないことは何でも聞いておくれ!


帯電防止材 (タイデンボウシザイ)

物体や固体、液体に静電気が帯びるのを防いだり、電気を逃したりする薬品のこと

物品や固体、液体に静電気が帯びるのを防ぐために使われる薬品のことです。静電気は、繊維の傷みやほこりの吸着などを招くだけでなく、電子機器の破損、火災や爆発などを誘引することも多いため、工場や精密機器を扱う現場では積極的に除去する必要があります。帯電防止材は主に、静電気を防止したい物の表面に塗ったり、スプレーなどによって吹き付けたりすることで、発生した電気を逃がすものや、プラスチックや燃料の材料に加えることで、それ自体の静電気を防ぐようなものなど、いくつか種類があります。

私たちの身近なところでは、スプレー式の衣類の静電気防止剤や、リンスやシャンプーなどに添加することで、頭髪の静電気を防ぐ製品などがある。

耐摩擦工具(タイマサツコウグ)

摩擦に強い工具のこと

耐摩擦工具は、塑性加工(雄型と雌型の対となった工具の間に素材をはさみ、工具に強い力を加え素材を工具の形に成形する)において主に使用される工具のこと。長時間の熱・圧力・摩擦に耐えて使用できます。

専門的な工具もたくさんあるんじゃ。

太陽光パネル(タイヨウコウパネル)

太陽光エネルギーを電気に変換するための装置。ソーラーパネルとも呼ばれている

太陽の光エネルギーを電気に変換するための装置です。この装置は、太陽のエネルギーを吸収する太陽電池の集まりで、ソーラーパネル、太陽光モジュールなどとも呼ばれています。太陽光パネル自体は、電気を溜めておける機能はもっておらず、太陽の光が照射されている間にのみ電気として活用することが可能です。

蓄電池を合わせて使うことで、夜間などにも太陽光エネルギーを使うことができるんじゃ。

ダイレクトメール(ダイレクトメール)

略してDM。商品や案内のカタログを個人や法人宛に送ること

個人や法人宛に、商品の案内やカタログを送ること。DMと略して使用される場合もあります。 商店やクレジットカード、通販などのサービスを提供している会社が、顧客情報のデータベースを利用して、商品の購入やサービス利用のリピート率を高めることや、新規顧客の獲得のために目的に使用されますが、チラシに比べてコストがかかるため、主にリピーターの獲得のために使われることが多いようです。

販売のPRに置いては、DMだけでなくE-mailで情報を送る、メールマガジンなど、様々な方法があるんじゃ。

タッチパネル(タッチパネル)

ディスプレーを指で触ることで操作を行う装置のこと

ディスプレイ上に表示されているメニューを指で触れることで、操作ができる装置のこと。 パソコンやスマートフォン、カーナビやゲーム機などのほか、銀行のATMや切符の販売機などに多く利用されています。パソコンのマウスのような、ポインティング・デバイスの一つで、ディスプレー表面に張られたセンサーに触れた位置を検出することで動作しています。圧力を感知するもの、静電式、光学式などの種類があります。

スマートフォンで採用されているのは、「静電容量方式」というもの。タッチパネルに触れると、スマートフォンの静電気を指がすい取り、操作が実行されるようになっているんじゃ。

ダブルワーク(ダブルワーク)

正規雇用されている仕事のほかにも別の仕事を掛け持ちしている状態などのこと

2つ以上の仕事を掛け持ちしている状態のこと。 正規雇用の仕事を持ちながら、プライベートの時間に別の仕事をしたり、自分で起業していながら、他に仕事を持っている場合や、アルバイトなどの仕事を2つ以上掛け持ちすることも含まれます。副業との違いは、副業が、本業を持ちながらプライベートな時間を使って、小遣いのためや生活費の足しにするために別の仕事をすることに対して、ダブルワークは、どちらの仕事にかける労力も時間にも違いがない場合に多く使われています。

働き方は様々じゃ。企業の就業規則に違反しないように、

タブレット端末(タブレットタンマツ)

液晶画面に指で触れることで操作できるコンピュータ製品の一つ

コンピュータ製品の一つで、平板型でキーボードはついておらず、片面にある液晶画面に指先で触れて操作できるタッチパネルが採用されています。 OSには、iOSやAndroidなど、スマートフォンと同じものが採用されていることが大半ですので、使える機能やアプリケーション、ソフトの種類、対応しているサービスなども同様のものが多くなっています。映像コンテンツを観る、電子書籍や雑誌や新聞などの閲覧するのにも、画面の大きいタブレット端末の方が便利と考え、使い分けている人も多いようです。

最近では、スマートフォンとタブレットの中間の性質を持つ「ファブレット」や、ノートパソコンとしても利用できる「2in1タブレット」「2in1PC」、タッチパネル式の液晶を採用しながら、パソコン向けのOSでの動作が可能な「タブレットPC」など、様々な製品が登場しておる。

玉掛(タマカケ)

荷物をクレーンなどに掛けたり外したりする作業のこと

荷物をクレーンなどに掛けたり外したりする作業のことを言います。直接もしくはワイヤーロープなどを使用して、クレーンなどのフックに掛けて作業を行いますが、専門の技術と知識が必要となります。そのため、荷物の重量に関わらず、クレーンなどの能力が1t以上の場合は、「玉掛け技能講習」及び「玉掛け特別講習」を終了した技術者「玉掛作業者」としての国家資格が必要となります。

資格がなくても有資格者の下で補助的な作業をすることは可能じゃが、落下事故などの安全性を考えて有資格者の作業が必要とされておる。

タンク(タンク)

液体や気体もしくはオイルを貯蔵するため、または運搬するための収納容器全般のこと

液体や気体、オイルなどを貯留する、保存もしくは運搬のための容器のことを指します。 水や石油、空気など、その用途によってタンクの素材は、ポリ容器からステンレスなど様々なものが使われていますが、共通点としては、内容物が漏れないようにすることや、空気や紫外線から遮蔽できること、錆や腐食に強く、圧力の変化に対応する強度を備えているなどが挙げられます。

タンクは英語では「戦車」の意味でも使われておる。これは、第一次世界大戦中にイギリスで初めて戦車が製造された際に、戦闘車両であることを隠すために前線部隊に水を運ぶ「タンク(水槽)」として取り扱われたことが由来となっているそうじゃ。

炭素繊維(タンソセンイ)

アクリル繊維などを蒸し焼きにして炭化させて作る繊維のこと

炭素から成る繊維のことをいいます。アクリル繊維またはピッチ(石油、石炭、コールタールなどの複生成物)を原料に、高温で蒸し焼きにして炭化させて作ります。炭素繊維の特長は、軽くて強いことが挙げられます。また、熱伸縮や摩耗や錆に強く、耐熱性にもすぐれているなど、厳しい条件下でも安定した効果を発揮する材料です。

それらの特性を生かして、釣り竿やゴルフクラブなど、私たちが身近に使っている道具から、飛行機の胴体や主翼、尾翼などにも使われ、軽量化と低燃費を実現しておる。

タンタル電解コンデンサ(タンタルデンカイコンデサ)

レアメタルであるタンタルを使用し、電気を一時期的に蓄えるための部品

一時的に電気を蓄える部品のことを言います。どれだけの電気を蓄えておけるかがそのコンデンサの性能の高さとイコールになりますが、中でも、電気を蓄えるのに優れた力を発揮するタンタルと呼ばれる金属を使用した「タンタル電解コンデンサ」です。タンタルとは、比較的密度が高くて硬く銀白色で光沢があり、腐食耐性の強い金属で、希少金属であるレアメタルの1つに数えられています。私たちの身近なところでは、携帯電話、ゲーム機、PC、DVDプレーヤーなどに使用されています。

タンタルは、スウェーデンの学者によって1943年に発見されたそうじゃ。この学者がタンタルの元素を分離するのにイライラさせられたことから、ギリシャ語でその意味を表す「タンタル」と名付けたという話も残っておる。

断熱材(ダンネツザイ)

住宅性の気密性を高め、快適に過ごすための住環境を作る建築材料のこと

外気が室内に伝わらないようにするための建築材料のこと。熱絶縁材とも呼ばれています。素材は、グラスウールと呼ばれるガラスを繊維状にしたものや、古新聞などを材料に薬剤を使って繊維状にしたもの、また、発泡スチロールを使用したものなど、大きく分けて、繊維系のものと、発泡系の2つに分けられます。熱伝導率の低い素材で隙間なく壁などを埋めることで、住宅内の気密性を保ちます。また、室内と室外の温度差から生じる結露などを防ぐこともできます。

建築分野で使われることの多い言葉じゃ。

端末(タンマツ)

ネットワーク経由でホストコンピューターに接続し、データの入出力を行う装置

別名をターミナルとも言い、ホストコンピュータにネットワークを経由して接続し、データの入出力を行うための装置のことです。中でも、主に利用者が使う機器のことを指します。昨今では、インターネットに接続しているスマートフォンやPCも端末の役割を果たすものの一つとしてカテゴライズされています。

銀行のATMやコンビニエンスストアのPOSレジ、データ通信カードなども端末に該当するんじゃ。

鋳造(チュウゾウ)

金属などを高い温度で熱し、様々な形状に冷やし固めたもの。

材料を融点よりも高い温度で熱し、液体にして型に流し込んで、目的の形状に冷やし固めること。原料として最も多く使われるのは、鉄やアルミ合金、真鍮や銅などの金属ですが、ガラスやゴム、プラスチックなどにも応用されます。鋳造のために使用する型のことを「鋳型(いがた)」、完成した製品のことを「鋳物(いもの)」といいます。

鋳型の形状によっては、複雑な形状なども作ることができる。身近なものでは、自動車鉄道、産業機械などの工業品から、炊飯器、洗濯機、パソコンやデジカメ、携帯電話などがあるぞ。

調合(チョウゴウ)

2つ以上の材料を決められた分量で混ぜわせること

2種類以上のものを混ぜ合わせること。スパイスや香料、薬品などを決められた分量で配合することなどのこともこの言葉を使います。ちなみに、薬の調合のことを「調剤」、香料の調合のことを「調香」といいます。

実験や研究の分野から、工業や土木業まで、様々に使われる言葉じゃ。

超硬工具(チョウコウコウグ)

耐摩耗性の高い超硬合金を使用した切削加工に使うための道具のこと

自動車、航空機、造船、建築など様々な分野で使用する部品などを製造する際に、切削加工に用いる道具のこと。 ドリルや旋盤、バイト、フライス、エンドミルなどがそれに該当します。材料に使用されている超硬合金とは、非常に高度が硬く、耐摩耗性を持つ金属のことで、炭化タングステンとコバルトを結合させて焼いたものです。

材料に使用されている超硬合金とは、非常に高度が硬く、耐摩耗性を持つ金属のことで、炭化タングステンとコバルトを結合させて焼いたものじゃ。

ティグ溶接(ティグヨウセツ)

電気を使った溶接法。ほとんどの金属に使用することができる

空気中の放電現象を利用して、同じ金属同士を合わせる溶接「アーク溶接方法」の一つで、電気を使用します。TIG溶接の場合は、火花が飛び散らずに行うことができ、ステンレスやアルミ、鉄などほとんどすべての金属が溶接できます。その用途はとても広く、自動車、鉄道、船舶、建築物、建築機械などあらゆるものへ使われています。

「アーク溶接」は、融接と呼ばれる溶接の一種で、金属材料と溶接棒との間にアークと呼ばれる期待の放電現象を発生させて行う溶接方法なんじゃ。

定着率(テイチャクリツ)

新しい風習や文化が定着する、もしくはある企業で一定期間離職していない人を表す比率

新しく入ってきた風習や文化が定着する割合を表す表現、もしくは、ある企業で一定期間内に離職していない人、どのくらいの労働者がその仕事に残っているかの割合を表すもの。

対になる言葉に「離職率」があり、どのくらいの人がその仕事を離れたかを表すんじゃ。

デジタル家電(デジタルカデン)

デジタル技術を用いた情報処理機能を持つ、もしくはインターネットに接続可能な家電のこと

デジタル技術を用いた情報処理機能を持つ家電のことです。音声や映像などを取り扱っているデジタルカメラやオーディオプレーヤー、DVDレコーダーなどが代表的なものですが、昨今では、コンピューターネットワークの端末としてインターネットへの接続が可能な家電機器のことも含めてこのように呼ぶようになっています。

外出先から庫内の状況が確認できる冷蔵庫や、セットされたレシピ内容に従って過熱を行う電子レンジ、電気ポットの使用状況から独居老人の生活状況をチェックするシステムなどが注目を集めておる。

添加剤(テンカザイ)

素材の安定性や物理性状を改善する機能をもつ薬剤のこと

食品や材料の品質を安定させるために、加えられる薬剤のこと。 食品に利用される「食品添加物」から石油製品や合成樹脂に加えられる添加される薬剤まで、種類は多種多様。

食品の保存や着色に用いられるものから、燃料用の腐食防止剤、重油用の助燃剤など、さまざまな添加剤があるんじゃ。

電子コイル(デンシコイル)

電子回路の基本となる部品。導線のばねをらせん状に巻いたもの

導線をばねのようならせん状に巻いた部品のこと。 電子回路の基本となる部品です。電流の変化を抑えて、ノイズを吸収することで電流を安定させるほか、交流の電圧を上げ下げすることで電圧を変換するなどが主ですが、そのほかにも様々な働きがあります。

コンデンサ、抵抗器と合わせて、電子回路の基本ととなる部品じゃ。

電子部品(デンシブヒン)

私たちの身近にあるデジタル家電などに組み込まれている電子回路の部品のこと

電子回路の部品のことを指します。とても小さい部品がほとんどですが、例えば、携帯電話やスマートフォンの中には約1,000にも及ぶ電子部品が組み込まれており、通信速度を上げる、画像を美しく表示するなど、その複雑で多様な機能を支える、なくてはならない存在です。

デジタル家電やハイブリットカー、電気自動車や通信ネットワークなどの製品に使用されておる。太陽光電池や風力発電、燃料電池など、今後さらなる発展が期待される様々なシステムでも、エネルギー変換効率の向上などを目的に重要な働きをしておる。

電装部品(デンソウブヒン)

自動車に使われるパーツの中で、電気関係の部品を呼ぶ総称

自動車に使われている部品の中で、バッテリーやスターター、ウインカーなど電気関係の部品の総称を指し、電装品とも呼びます。 エアコンやエアバッグなどをはじめ、今やほとんどの車へと採用されているキーレスエントリー、運転時の必需品と言っても過言ではないカーナビゲーションなども電装部品の一部。車は、もはやこれらなしでは成り立たなくなってきているとも言えます。

最近では、燃料の消費効率アップや、排ガスの規制対策などで、車のエコロジー化が進んでおる。車の軽量化においても電装部品は重要な働きをしておるのじゃ。

ドアトリム(ドアトリム)

自動車のドアの内張りのパネル部分。インテリアを構成するパーツで、衝突時の乗員の保護にも役立つ

自動車のドアの内張りの樹脂を使用したパネル部分のことを指します。 自動車のインテリアを構成する大切なパーツの一つです。遮音や、衝突した時に乗員の保護などの役割も担っています。木目や金属調など、車内のインテリアの一部としてデザイン性も向上しているだけでなく、樹脂の成型技術が大幅に上がった昨今では、ドアアームレストやプルハンドル、まで一体に成型した複雑な形状のものも登場し、その機能性も上がっています。

最近ではさらに素材もバラエティに富むようになり、植物由来のプラスチックなどを使用した環境配慮型の製品も多く登場しておる。パネルの覆い具合によって、フルトリム、ハーフトリム、平物ドアトリム、成形ドアトリムなどの種類に分かれおるんじゃ。

砥石(トイシ)

刃物の切れ味を良くするために使う道具のこと

刃物を研ぐために使用する石のこと。 包丁などを研ぐための一般家庭用の砥石、木工具ようの砥石のことを指しますが、広義には、切削加工を行うための工具に使用する研削用砥石も含まれます。 砥石に含まれる、粒子の大小や硬さによって、削る力の強い「荒砥(あらと)」、切れ味を良くす時などに用いる「中砥(なかと)」、より鋭い切れ味を出したいときに使う「仕上げ砥(しあげと)」などに分けられます。

「切断砥石」「研削砥石」など、工場内で利用されている砥石も多くあるんじゃ。

東証1部上場(トウショウイチブジョウジョウ)

株式市場の中でも最も高いランクの市場。厳しい審査基準を経て上場が可能になる

株式市場は証券取引所が運営し、動かしていますが、その市場にはランクが存在します。その中でも、東証一部というのは、審査基準が高く、株主数や時価総額、純資産、利益や設立年数などの厳しい基準を満たしていないと上場することが難しい市場です。東証一部に上場している企業には、ソニーやキャノン、花王、電通など、社会的に認められている企業が名を連ねています。

東証一部へ上場をしたいと考える企業は、まずは東証二部へ申請し、証券取引所から審査を受けたうえで、上場することができるんじゃ。さらなる厳しい基準を満たすことで、東証一部への上場が可能になる。

投入(トウニュウ)

資本や労力を注ぎ込むこと。物を投げ入れること

物を投げ入れること。投げ込むことなどのことをいう。または、資本や労力などを注ぎ込むこと。 市場では「資金の投入」、または「設備投入」などという言い方で、この言葉が使われています。

調合や加工においても頻繁に使われる言葉じゃ。

特装車(トクソウシャ)

自動車に特定の用途や目的のために部品や装置を取り付け、改造したもの

メーカーが生産した自動車に、特定の用途や目的のために、部品や装置を取り付けたり、改造を加えたものです。貨物自動車やマイクロバス、タンクローリー、ゴミ収集車、救急車や郵便車、テレビ中継車などもこれにあたります。

自動車にも様々な種類があるんじゃ。

ドクター(インクを落とす刃)(ドクター)

印刷機へインクを一定に均一に供給するための板状の薄い刃物のこと

印刷機の版面に付いた余計なインクを欠き取るために使われる薄い板状の刃物のこと。 常に一定のインクを供給し、均一に移すための役割をしています。最近では印刷に限らず、その技術を応用した特殊コーティングの工程にも使用されています。ドクターブレードとも言います。

印刷に関する専門用語じゃ。専門用語には、一般的な意味と異なるものもあるので、よく確認することが大切なんじゃ。

塗装(トソウ)

塗料などを使い、材料の表面に皮膜を作る表面処理の一つ

材料の表面を塗料で覆い、皮膜をつくる表面処理の一つです。一般的には、建物や壁面、柱などの美観と防錆を目的に行われます。また、そのほかにも防災の目的の場合は、モルタルやセメントや漆喰、ペンキなどを塗装し、道具や工芸品の仕上げ加工には、装飾と腐食から保護することを目的に、琺瑯(ホーロー)などの塗料を塗る場合もあります。

家具や家庭用品、工芸品には、刷毛などを使用して塗装を施していくが、建築や工業用には、スプレーガンによる吹付塗装が多く行われておる。

ドライバー(ドライバー)

ねじを締めたり緩めたりするための道具

ねじの締め付けのために使用する道具。軸を回転させることにより、ねじを固定したり外したりするために使用します。手動で使用するものや、電動式のものなど様々な種類や様式のものがあります。また、工事現場などで基礎を組む時に使用する杭打ち機のことをドライバーということもあります。

刃先は、プラス(十字)/マイナス(一文字)など、ネジ穴に応じたドライバーがそれぞれあるんじゃ。

トランスミッション(トランスミッション)

エンジンなどの動力を車輪に伝達するときに、適切な力と回転速度に変えるために利用する装置

日本語に訳すと「変速機」の意味です。車などの運転の際に、エンジンなどから生み出された力を車輪などに伝達する際に、車輪を回すための適切な力と回転速度に変速するために利用されている装置のことです。変速を操縦者が手動で行うマニュアルトランスミッション(MT)、電子制御で行うオートマトランスミッション、(AT)変速操作を自動化せず、クラッチ操作のみ自動化したセミオートマチックトランスミッション(セミAT)など様々な種類があります。

トランスミッションが使われているのは自動車だけではなく、ポンプ・発電機・エスカレータ・ベルトコンベア・ファンなどの設備機械、船や蒸気機関車など様々な分野に取り入れられているんじゃ。。
条件で検索