ジョブパークで利用されている用語をまとめたページじゃ。わからないことは何でも聞いておくれ!


ライン作業(ラインサギョウ)

製品の組み立てや加工などを流れ作業で行っていくこと

流れ作業で製品の組み立てや加工などを行うこと。ライン生産方式、流れ作業、組み付け作業などとも呼びます。

組付けや組立ての工程を効率よく行うために、多くの工場では、部品ごとに作業員を配置し、ベルトコンベアによって流れてくる機械などに担当する部品の取り付けや加工を行う形式をとっておる。

ラジエーター(ラジエーター)

液体や気体の熱を放出するための装置

周囲の空気や水へ伝導させることで、熱を逃します。車のエンジンなどから出た熱を冷却するためのものや、温水や蒸気を熱源とした暖房に用いられるもの、コンピュータ部品の集積回路を冷やすためのものなどがあります。

ラジエーターが機能しなければ、オーバーヒートや重大な事故に繋がる恐れがあるんじゃ。

リール(リール)

糸やひもなどを巻き取るための軸や枠のこと

糸やひも、電線もしくは映画用のフィルム、磁気テープなどを巻き取るための軸のこと。もしくは枠のこと、また、そのひと巻きを表す言葉でもあります。また、釣り糸を糸巻きに巻き付けて、必要に応じて糸を出し入れできる装置のこともリールと呼びます。

魚釣りのリールから、工場で使われる大型のリールまで様々な種類があるんじゃ。

リサイクル(リサイクル)

廃棄物や不要品を加工して再資源化したり、再利用したりする取り組み

廃棄物や不用品を再資源化したり、再利用したりすることを言います。 資源の有効な活用や、環境保護のために行われているもので、法律などにも定められています。アルミ缶やスチール缶を溶かして、鉄やアルミニウムに再生させる、古紙をパルプへ戻し、再び新しい紙に作り直すなどが一般的なリサイクルの方法として挙げられます。高度経済成長期時代の使い捨てへの反省や、ごみ処理の問題に伴う環境汚染の予防の観点から近年では注目が集まっている取り組みです。

ごみを燃やす熱から発電を行ったり、熱エネルギーを利用することを「サーマルリサイクル」と呼び、これも広い意味ではリサイクルの一環なんじゃ。

リチウムイオン電池(リチウムイオンデンチ)

充電して何度でも使える電池の一種。携帯電話やノートパソコン、電気自動車のバッテリーなどに使用される

酸化や還元反応などの化学的な反応を利用して、直流の電力を生み出す電気デバイスのこと。 正極と負極の間をリチウムイオンが移動することで、充電や放電を行う仕組みで、リチウムイオン電池、リチウムイオンバッテリー、Li-ion電池、LIB、LiBとも言います。

「二次電池」とは、蓄電池や充電式電池のことで、1回限りではなく、電気を蓄えることで繰り返し利用できる仕様の電池のことを言うんじゃ。

リニアモータ(リニアモータ)

一般的なモータとは異なり、回転運動ではなく直線運動をするモータのこと

軸のない電気モータ(電動機)のこと。一般的なモーターは回転運動をしますが、リニアモータの場合は、磁気浮上をしながら、直線運動をするという特性があります。これを応用して開発が現在進んでいるのが、世界最高速とうたわれる、次世代型の乗り物「磁気浮上式リニアモータカー」です。

工作機械、宇宙船、加速器、サスペンション、髭剃り機、またはカメラのオートフォーカスにも利用されるなど、実に幅広い分野でその技術が応用されておる。

リペア(リペア)

物品の修理や、システムの復旧など状態を回復させることを指す言葉

修理や修繕、または復旧作業など、回復させることを指す言葉。 機械や工業製品、車両などの修理から、システムなどの復旧作業、住宅などの修繕作業やリノベーションなど、様々な分野において使用されている言葉です。

英語の「repair」を、日本語でもそのままの意味で使っておるんじゃな。

粒子(リュウシ)

物質を構成している微細な粒のこと

物質を構成している微細な粒のことをいいます。中でも、物質をどんどん小さくしていったときに最後にたどり着く光子、電子、陽子、中性子、中間子、中性微子、陽電子などの超微細な粒子を総じて「素粒子」と呼びます。

モノを形づくる細かいツブツブのことじゃの。

寮(リョウ)

従業員などが住むために提供された共同宿舎のこと

学生や従業員などのために作られた共同宿舎のこと。 企業などの社員寮などは、福利厚生の一環として提供している場合が多くみられます。人材確保や定借のため、または、研修を兼ねていたり、規則を教える目的であったりもします。また、製造業などにおいては、期間工の従業員などにも寮や住居を提供するケースもあります。

TTMでも多くの社員寮を持っているんじゃ。皆様の生活をサポートするぞ。

レンチ(レンチ)

ナットやボルト、鉄管を締め付けたり固定したりするための道具

ナットやボルト、鉄管などを締めたり、緩めて外したりするための工具のこと。種類には、モンキーレンチ、パイプレンチ、めがねレンチ、ソケットレンチ、トルクレンチ、水栓レンチなどがありますが、そのほかにもいくつかの種類が存在します。その歴史は古く、ローマ時代から存在したと言われていて、多くの建築物をつくるのに使用されていたことがわかっています。

その歴史は古く、ローマ時代から存在したと言われていて、多くの建築物をつくるのに使用されていたことがわかっておるんじゃ。
条件で検索